2008年02月11日

クロワッサンの店

もう1軒、天王寺駅周辺で欠かさず立ち寄る店といえば
クロワッサンの店
雑誌『クロワッサン』のアンテナショップで、
衣食住、生活の品がひととおり揃います。
それはもう、すみからすみまでtocotoco88のツボをついた
セレクト。

切れたら必ず買い足しに行く、おいしいものといえばこちら。
石垣島ラー油
超有名ですね。仕上げに加えるだけで、麻婆豆腐がプロの味に。
■つぶつぶ片栗粉
本当につぶつぶになっていて、片栗粉のあのミシミシ感がないのが好き。少量なのもちょうどいい。
山田製油のごま油
これも有名。香りが素晴らしく、すぐに使いきってしまいます。

このほか、こんにゃくそば木偶の坊前出)も
ついついカゴに入れてしまうのです。

そして、tocotoco88家にはこのお店で買ったうつわがいっぱい!

0802croissant.jpg

(tocotoco88)
posted by chercher at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

ちいさな市場

MERCATO PICCOLO(メルカート・ピッコロ)
BONNATチョコレートを扱っている天王寺のお店。
用はなくとも立ち寄ってしまう、
それは楽しい、ちいさな市場です。

普段見ないものを置いているスーパーはワクワクします。
世界の食品もそうだけど、ここには
知る人ぞ知る、日本全国のおいしいものが充実しています。
きっと、オーナーさん・バイヤーさんが実際に足を運んで、
食べてみて納得したものだけを置いているのでしょう。
その品揃えは、よその「こだわりのスーパー」とは
一線を画しています。
「おいしいもんが好き!」というのが伝わってくる店内。
スポットで置かれている商品も多いので、
いつ行っても新鮮な驚きがあります。

0802mercatopiccolo.jpg

オリジナル商品も作られています
(写真はハチミツ、ぽんず、チョコレート)。
無添加なのがうれしいところ。

(tocotoco88)
posted by chercher at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

Cacao100% 訂正

0802bonnat2.JPG

2/6の記事 Cacao100%の「続きを読む」中で、
天王寺某店で現在取扱いがない、と書きましたが、
再開されたようです。
関西でBONNATのチョコレートを置いているのはここだけとか。
なんというお店?
それは後ほどアップしますので、しばらくお待ちください。

(tocotoco88)
posted by chercher at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

みやびな紅茶庵

映画を観たのが久しぶりなら、十三という町は何年ぶり?
この近くに住んでいた当時の記憶をたよりに、
1軒のお店を訪ねました。
Queen's Country
紅茶だけのお店。

0801queen'scountry.jpg

紅茶専門店というと、英国調・欧風(あるいはエスニック)の
お店が多い中、異彩を放つこちら。
古い蔵屋敷を改装した「紅茶庵」は、庭園や調度品もあわせて、
一瞬緊張してしまうほど雅やか。

アッサム・セカンド・フラッシュをいただく。
少し濃いめのひと口め、その香りの良さときたら。
濃いめといっても、嫌な渋みをまったく感じないのが不思議。
ミルクを入れていただく2杯目も、ほんのり甘くうっとりと。

0801queen'scountry2.jpg

ホームページによると、ノンブレンドの紅茶を
アルプスの雪どけ水で淹れ、備前焼のポットで出しているという。
そういうことは知らなくても、
店主の自信が伝わるお茶であったことは間違いない。

お茶はもちろん、空間の細部に至るまで。
「こだわりの」ということばを使うのは好きではないけれど、
敢えて言いたい、この店はこだわりの紅茶の店だと。
そして、もうひとつ、ゆっくり時間をとって行くべき店だと。

(tocotoco88)
posted by chercher at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

いのちの食べかた

0801inochinotabekata.jpg

久しぶりに観た映画は『いのちの食べかた』。

肉や魚、野菜や果物、
食べ物がわたしたちの食卓にやってくるまでの話。

目の前で「肉」にされる牛や豚、大農場に撒かれる農薬、
現場で働く人々…
台詞も音楽もなく、主観を交えることなく、
カメラは少し引いた位置から、淡々と事実だけを映し出す。
食糧が、巨大な工場で機械的に大量生産されるさまを。

「いただきます」とは、いのちを「いただく」ということ。
しかし、食べるために人間は、その生き物のいのちの根本までも
コントロールしてしまっている…

大切なのは、知ることだった。
こんなブログをやってる場合じゃない…?

大阪は十三の第七藝術劇場で上映中。

(tocotoco88)
posted by chercher at 00:51| Comment(3) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

杢キリン

0801mokukirin-1.jpg

素敵な店は、素敵な店とつながっている。

カフェ喫茶 杢キリン
コマカフェ以前の紹介記事のHPで知り、
初めて谷町線の終点まで来た。

明朝体。
天然酵母パンと挽きたて珈琲。
コーヒー色の店内。
「静かな時間の流れにどうぞ御協力下さいませ」。
ゆるくて、凛と。
控えめだけど、主張のある喫茶店。

玄米酵母のイングリッシュマフィンが忘れられない。
「杢」の焼き印、パリッともちもち、
あいだにはおいしいハチミツ。
丁寧なものづくり、丁寧なサーブ。

おしりに根っこが生えそうな心地よさ。
ベーグルをおみやげに。
こんな素敵な店で買ったパンは、
家でもきちんと焼いて、きちんと飲み物をいれて、
きちんといただこう、と思う。

0801mokukirin3.jpg

(tocotoco88)
posted by chercher at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

鍋じたく(chercher×あきっぱら 4)

どうにか食材を集め、小野町デパート カフェゑびすへ。
今夜の鍋の会場は、昭和初期に建てられたレトロビル。

0801nabe-nishimotobldg.JPG

早速厨房をお借りして、ごはんを炊くやら、
大根葉を刻むやら、ミンチを練るやら。

炊き上がったごはんは大根葉と混ぜて、皆でおにぎりにする。
『かもめ食堂』を思わせる、なごやかなひとコマ。

0801nabe-kamomeshokudo.JPG

さて、そろそろ始まりの時間ですよ。

(tocotoco88)
posted by chercher at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

紀ノ川河川敷にて(chercher×あきっぱら 3)

本当は、野菜を買う前に行っていたのですが、
もうひとつ重要な食材を調達しに、
紀ノ川の河川敷(この日のスポットはせせらぎ公園)へ。

何を買う?
いえ、採るのです。しじみを。
ザクザクザク…
ほどなく「しじみの『殻』見つけた!」

0801nabe-shijimihorihori.JPG 0801nabe-shijiminokara.JPG 0801nabe-shijimi.JPG

淡い期待を抱きつつも、残念ながら収獲はなし。
結局、しじみはスーパーで買うことに。

0801nabe-shijimitori2.JPG

このしじみ狩り、少々「ネタ」っぽかったかもしれませんが、
あきっぱらは、実際こんなふうによく貝を採っているのだそう。
参加したメンバーも皆、寒空の下、
夢中になって掘っていたのが印象的でした。

0801nabe-shijimitori.JPG

こういう食材探しも楽しいものです。

(tocotoco88)
posted by chercher at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山鍋素材調達ツアー(chercher×あきっぱら 2)

そんなわけで、3連休の寒い日、あきっぱらの案内による
食材調達ツアー→鍋パーティーが敢行されました。
本日の鍋は、和歌山産素材で作る「しろ鍋」。
どんな鍋かはさておき、まずは食材集めにかかるとしましょう。

0801nabe-mekkemonhiroba.JPG

野菜は、紀の川市のめっけもん広場でどっさり購入。
こちらは、いわゆるファーマーズマーケットの先駆けで、
全国的にも有名なんだそう。
なるほど、駐車場に他府県ナンバーの多いこと。
広い店内は見て回るだけでも楽しく、その賑わいっぷりったら!
大阪市内からは車で約1時間半。
新鮮さや価格をみても、わざわざ足を運ぶ価値はありそう。
みかんのラインナップには、やはり「和歌山」を感じました。
わたしたちは、大根15本、米5kg、味噌、
だいだい、ねぎ、しょうが…
約40人分買い込みます。

0801nabe-mekkemon.JPG

めっけもん広場をあとに、同じく紀の川市の鶏肉専門店
チキンポートわかさやへ。
きれいなお店の隣には加工場もあって、
外からその様子がうかがえます。

0801nabe-wakasaya.JPG

ここでは、濃厚な旨みの軍鶏「桃山けんか地鶏」のミンチと卵を。

0801nabe-momoyamakenkajidori.JPG

これを挽いてもらいました。

(tocotoco88)

続きを読む
posted by chercher at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

紀美野の山の上

少し遅く帰郷したお正月、となり町の紀美野へドライブ。
この町には、和歌山県外にまで
その名を知られたパン屋さんがあります。
ベーカリーテラス ドーシェル
天然酵母のハード系やベーグルは、かみしめるほどにおいしい。

0801dooshel.jpg

カンパーニュ・ノア

天気のいい日は、ここでパンを買って、
すぐ近くののかみふれあい公園で食べるのもおすすめ。

それはそうと、tocotoco88の今年の目標のひとつに
「体質改善」があります。
なるべく体を冷やさないように、と
普段の飲み物は番茶にすることにしました。
その、今飲んでいる番茶というのが、
わたしの知っている番茶とはまるで違うものなのです。
わたしにとっての「番茶」は、
ここ紀美野の祖父母の家の番茶。
このあたりの農家で自家消費用に作られるもので、
ヤカンいっぱいに沸かして、気取らず注いで飲みます。
「草とひなたの味」
とは、この味を知る「一人和歌山活性化計画」のあきっぱらさん
(このたび、chercher×あきっぱらさんのコラボ企画が
実現することになりました。
近日アップしますので、お楽しみに!)。

あまり出回ることのないそのお茶が、
ふれあい公園の売店で売られていたりするわけです。
山の上まで来たら、ぜひ。

(tocotoco88)
posted by chercher at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。