2009年05月09日

カフェ店主

GW、和歌山に帰省した際、
じゃんじゃん横丁のカフェもくれんblog)へ

びっくりするほどおいしい珈琲が
いただけます

0905mokuren.JPG

パリッとしたいでたち
口数は多くないけど
寡黙、でもなさそうなカフェ店主

まだ2、3度目なのに、憶えていてくださったのが
素直にうれしかったです

「カフェをしたい」だなんて
思ったこともなかったけど
それも悪くない、かもしれない

─ここから妄想─

「鄙」
田舎のちょっと古い家
キレイに改装するんじゃなくて
砂壁そのまま、民家そのまんま
靴を脱いで、おあがりください
ちゃぶ台に座布団

メニューは珈琲や紅茶…
ではないかな
番茶、と冬にはみかんジュース絞ります

料理は嫌いじゃないけど、得意じゃない
煮豆とか菜っぱのたいたんとかしかしないから
ランチは出さないな

うつわにはこだわります

そうだ
konyの酒粕酵母パンを出させてもらおう

カフェというより喫茶店
喫茶店というより
なんだろな
雑貨も置きたい
むしろ、雑貨店でお茶も飲める

大好きな、ちょっと東の欧州モノ
日本のモノを並べて
ポストカードは切らさないようにします
のんびりお便り書いてくださいな

店名は
横文字にするなら「ワルシャワ」
日本語にするなら…
「○○商店」かしら

しかし
わたしにはどうも
おもてなしは向いていないようで

だから、これは妄想にすぎません

(tocotoco88)
posted by chercher at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしい街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妄想の喫茶店・・・
目を閉じてイメージする・・・
ゆっくりと静かな時間が流れる空間。
そんなばしょに私も居たいな。
私もおもてなしには向きません。
おもてなしされに行きたいわ。
Posted by Risa at 2009年05月09日 23:13
Risaさん

わたしの妄想にお付き合いいただき
ありがとうございます(笑)
Risaさんには確か、小学生の頃、
家の広告を持ってトイレに入ったって話しましたよね?
間取り図を見ながら、生活を想像するんです。
あの頃とちっとも変わってないわ〜

今は、素敵なおもてなしをされる方がたくさんいて、
「居場所」にさせていただいています。
ありがたいことですね。
Posted by tocotoco88 at 2009年05月10日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。